講師紹介

当学院の講師は、駐日フランス大使館による研修や評価を定期的に受け、生徒の皆さんに最新の教育を受けていただけるよう研鑽に励んでおります。

ニコラ

ニコラは、レンヌ大学で歴史学の修士号を取得。札幌アリアンス・フランセーズで、海外協力役務員として勤務した後、約10年間フランス語を教えました。グルノーブル大学で外国人のためのフランス語教授法修士号を、ディジョン大学で教育工学修士号を取得しています。
その後、北海道大学特任准教授として6年間勤務し、北海道大学総長賞を2度受賞しました。また、並行して小樽商科大学でも講師を務め、現在、北海道大学及び北星学園大学でもフランス語を教えています。2016年、札幌アリアンス・フランセーズ院長に就任。
日本在住22年目。日本語検定1級、英語も堪能です。
ユーモアのセンスがあり、温かい雰囲気で授業を盛り上げるのが上手な先生です。
DELF/DALF試験全レベル及びTCF試験の試験官資格を持っています。

セドリック

セドリックは、サヴィニー=シュル=オルジュにおいて、2年間、グランゼコール準備級で学んだ後、エヴリー大学で原子核物理学学士号及び修士号を取得。その後、専門分野を変え、パリ第7大学東洋言語文化学部で、日本語と日本文化を学びながら、外国人のためのフランス語教授法修士号を取得しました。現在は、メーヌ大学の博士課程で、先端技術を利用した言語学習に関する研究を続けています。
修士課程で勉強しながら、パリのAAA言語学院で研修しました。また、東京では複数の学校で教えた経験があります。セドリックは2011年から札幌アリアンス・フランセーズで講師をしています。また、北星学園大学、北海学園大学、小樽商科大学でもフランス語を教えています。
日本語検定2級。2009年から日本在住。
DELF/DALF試験の試験官を養成する資格を持っています。
セドリックは、非常に優しくいつも陽気な先生で、情報処理と旅行が大好きです。

マリヴォンヌ

マリヴォンヌは、30年以上前から札幌に住んでおり、長年に渡って外国人のためのフランス語教授法に携わり、先生として豊富な経験を持っています。NHK文化センターでフランス語を教えた経験もあります。札幌アリアンス・フランセーズでは20年以上前から講師を務めています。ブザンソンのフランシュ=コンテ大学CLAにて、外国人のためのフランス語教授法の「教授法的方法論的分野に関する研修」を受けました。
日本語検定2級。現在、日本の夜間中学で授業を受けています。
非常に包容力があり、その場を和ませ、良い雰囲気で授業することができる先生です。生徒たちは、いつも笑顔で教室からでてきます。

マティアス

マティアスは、カーン大学で英西伊語の応用外国語学士号、パリのフランス国立東洋言語文化研究院で韓国語学士号を取得し、グルノーブル大学及び東洋言語文化研究院で外国人のためのフランス語教授法修士号を取得しました。パリのAAA語学学院で2年間フランス語講師として勤務しました。
その後、韓国のアリアンス・フランセーズ釜山で、2年半フランス語を教えました。2015年から、札幌アリアンス・フランセーズ講師。
韓国語検定B2取得。日本語検定2級準備中。アジア系の生徒に教えるスペシャリスト。大変根気よく授業を進め、生徒の言葉に耳を傾けることのできる先生です。
DELF試験の全レベルの試験官資格を持っています。

ダヴィッド

ダヴィッドは、パリのフランス国立東洋言語文化研究院で日本語と中国語の学士号を取得後、1年半京都に滞在し、仕事をしながら、日本語を勉強しました。
パリ第7大学で外国人のためのフランス語教授法修士号を取得。インターンシップとして、ソウルの大韓民国陸軍士官学校及び京都のALMA出版社に勤務。
修士号取得後、台湾で言語アシスタントとして1年働き、2016年、札幌アリアンス・フランセーズに国際ボランティアとして着任しました。
日本語検定1級。DELF/DALF試験全レベル及びTCF試験の試験官資格を持っています。文法や音声学を教えることに長けているだけではなく、パティスリーにも素晴らしい才能を発揮しています。

クレール

クレールは、英語の修士号を取得後、外国人向けフランス語教授法を学び、トゥールーズ・ジャン=ジョレス大学で修士号を取得。ベトナムのホーチミン市で教育実習をしました。資格取得後、カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア大学で1年間、カンボジアのアンスティチュ・フランセ・プノンペンで9ヶ月間教鞭を取りました。
2019年9月から、札幌アリアンス・フランセーズにおいて、国際ボランティアとしてフランス語を教えています。
フランス領ポリネシアとニューカレドニアで、そして、フランスとハンガリーという二つの文化の中で育ったクレールは、様々な発見や旅行をしながら多くを学びました。
大好きな旅行、料理、写真等を通して、皆さんと交流を深めたいと思っています。
授業は、生徒の皆さんが何を必要としているかに配慮しながら、雰囲気を盛り上げ、やる気を起こさせるような時間になるよう頑張ります。