Digital Choc 2014

         

 logo lourds

2013AMBFRA-90ANSFRJP-LOGO-H

http://afsapporo.jp/wp-content/uploads/2014/01/cqf2-litterqure0001.bmp

DIGITALCHOC 2014

Quand les machines se prennent à rêver

 

Après le succès des deux premières éditions en 2012 et 2013, qui ont rassemblé plus de 5000 personnes sur l’ensemble du territoire japonais, l’Institut français du Japon prolonge l’expérience numérique et organise en février 2014 la troisième édition de Digital Choc, festival destiné à mettre en lumière la créativité française dans les domaines des cultures numériques et des nouvelles images.

Après avoir exploré les territoires traversés par l’art numérique en 2013, la prochaine édition s’articulera autour des machines intelligentes, de leur capacité à nous faire rêver, et de leur place grandissante dans la création. Un festival exigeant et grand public qui prend toujours plus d’ampleur, grâce à ses nombreux partenaires, et qui sera proposé à travers tout l’archipel, par le biais du réseau culturel français au Japon.

 

デジタル・ショック2014

マシンが夢見るとき

 

全国規模で展開し、ご好評をいただきました2012 年、2013 年のデジタル・ショックには、5000 人以上の方がご来場くださいました。引き続きアンスティテュ・フランセ日本は、デジタル・カルチャー、新映像の分野におけるフランスの創造性にスポットをあてたフェスティバル、第3回デジタル・ショックを2014年2 月に開催いたします。前回2013 年は、デジタルアートを中心に様々な作品を紹介して参りましたが、今回は、私達に夢を与え、クリエーションの分野においても次第に多くの部分を占めるようになった“インテリジェント・マシン”をテーマに展開して参ります。多くのパートナーの皆様にご支援をいただき感謝申し上げます。より多くのお客様にご来場いただける、より進化した質の高いフェスティバルを目指し、日本全国のフランス文化機関のネットワークを介し、さらに規模を拡大して開催の予定です。

 

 

 YOO

 ©  Pierre Carniaux / Thierry Fournier, 2008-2013

 
LAST ROOM/DEPLI
『ラスト・ルーム 』/ 『広げる』

 

PIERRE CARNIAUX, THIERRY FOURNIER

ピエール・カルニオー&ティエリー・フルニエ

 

映画と造形芸術の対話を試みるインタラクティブアート『ラストルーム』は日本で撮影されたフィクション・ドキュメンタリーです。ラブホテルとカプセルホテルの宿泊客たちが、私的で夢想的な話を日本各地の風景を随所に交えながら語ります。『デプリ』はiPad上に作られたインタラクティブ作品です。画面にタッチしながら映画のショット、ストーリー、テンポを自由に選んでミックスし、何度でも自分のオリジナル作品に作り変えることができる感覚的で《ゲームのようにプレイできる》映画です。第17回メディア芸術祭 アート部門 審査委員会推薦作品 

Dialogue inédit entre cinéma et application interactive

A partir du même tournage au Japon, Pierre Carniaux a créé le film Last Room et Thierry Fournier l’oeuvre interactive sur iPad Dépli. Le film met en dialogue des voyages à travers l’archipel et les histoires intimes d’occupants de love hotels. L’oeuvre interactive propose de jouer, par le toucher, un parcours sensible a travers les plans du film. Œuvre selectionnée par la 17ème edition du Japan Media Arts Festival.

 

2月27日(木)18:00 – le 27 février à 18h

Intercross Creative Center

(ICC) – Sapporo

インタークロス・クリエイティブ・

センター(札幌)

 

 

YOO2

  © Clorinde Durand et Le Fresnoy – Studio national

 

PANORAMA
『パノラマ』- ル・フレノワ

LE FRESNOY – Studio national des arts contemporains

ル・フレノワ国立現代アート・スタジオ

 

フランスのクリエイティブ・シーンをリードするアートスタジオの未発表作品上映『パノラマ』は、毎年、ル・フレノワ国立現代アートスタジオ(フランス北部トゥルコワン市/現代美術アーティスト養成機関)出身の若いアーティストたちによって制作された、映像、音、デジタルクリエーションの分野における50以上の未発表作品を紹介しています。デジタル・ショックでは、何年かに及ぶ『パノラマ』の中から、ディレクターであるアラン・フレシェールが、特別にセレクションした作品をご紹介します。

 Sélection de courts-métrages d’artistes issus du Fresnoy – studio national des arts contemporains

 

Panorama présente chaque année plus de 50 oeuvres inédites dans les domaines de l’image, du son et de la création numérique, réalisées par de jeunes artistes du Fresnoy, haut lieu de création basé à Tourcoing. 

 

02月28日(金)、3月3日(月)~6日(木)- le 28 février à 18h et du 3 mars au 6 mars de 15h à 21h

Intercross Creative Center

(ICC) – Sapporo

インタークロス・クリエイティブ・

センター(札幌)

 

 

インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)

〒003-0005
札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1

TEL 011-817-8911 FAX 011-817-8912

受付時間:平日 9時~17時(ICC事務局

 1-12, Toyohira 1-12, Toyohira-ku, Sapporo,
062-0901, Japan

cqf2 litterqure0001cqf2 litterqure0001